元利均等方式

住宅購入というのは、人生で一度か二度あるかないかです。

それゆえ、住宅ローンについての理解が乏しい状態から、人生を左右する住宅ローン

を組んでいくことになります。

住宅ローンを決める過程ではたくさんのことを決定していかなければいけません。

どこの金融機関で借りるのか、変動金利にしようか固定金利にしようかということ

などです。

そしてその他にも「元利均等方式」というものと「元金均等方式」というものを選択

することになります。

この違いについて、前者は住宅ローン返済にあたり、元金と利息の内訳を変更しな

がら毎月一定額を返済するというものです。

こちらのメリットとしては、返済額が一定であるため、返済計画を立てやすいとい

うことでしょう。

一方、後者は元金のみを一定にするため返済当初は利息が多くのってきますが、その

後元金が減るにつれて利息も減っていきます。

こちらのメリットとしては、元金そのものがダイレクトに一定額減っていくため、金

利上昇などのリスクをおさえることができることでしょう。また、元金が早く減っていく

ため、総返済額が少なくなることも特徴です。

注意が必要なのは、総返済額が少なくなる、すなわち金融機関にとっては利益が減

るという観点で元金均等そのものを扱っていないところもあります。

それぞれのメリットデメリットをよく調べ、自分にあった返済方法を考えることが

大切です。

コメントは受け付けていません。